Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
リンク1

車椅子で利用できる公園施設

大きな公園施設になると誰でも利用する事ができる様に、バリアフリーになっている事も多い様です。

公園施設内の段差はスロープが設置されている事もあります。
そして、公園施設の中にあるトイレも車椅子専用のトイレが設置されている事もあります。

さらに、公園施設に近い場所に障害者が利用するための駐車場が設けられている事があります。
一部の看板においては点字もあったりします。

街は完全にバリアフリーになっていない部分もあるかもしれませんが、この様に設備がしっかりと整っている公園施設は利用しやすく、多くの人が訪れるのではないでしょうか。便利で自然に触れあう事ができる気持ちがいい場所には、たくさんの人が集まってくるでしょう。

公園施設を利用する時は条例があります

公園施設の利用の際には必ずそれぞれの地域よって条例が設定されています。勝手に商業目的の販売や利益目的の為の行為はできないようになっています。また少しの場所の占有も出来ませんので、張り紙やのぼりなどの設置も認めていない所がほとんどです。

それぞれの地方自自体によって色々な決まりごとがありますので、その条例を守らなくてはいけないのです。もし利用したいのであれば、その地域のを管轄している所に赴き理由と、計画を提出して許可を取る事になります。公園施設を使いたい時は、前もってどういう物であれば利用可能か相談する事が大切です。

AEDが設置されている公園施設

最近ではAEDが設置されている公園施設は増えている様です。

公園施設の至る所にAEDが設置されている場合には、必要な時に利用する事ができます。利用頻度が高い公園施設であれば、どの部分にAEDが設置されているのかという事を把握しておく必要があるでしょう。

多くの公園施設は、あらゆる状況にも対応できる様に変化しています。しかしAEDの使い方が分からない人も多い様ですので、普段から使い方について把握しておく様にしましょう。

公園施設の職員などはAEDの使用方法について共有できている事も多い様です。緊急の際に、自分だけで対応するのが難しそうだという場合には、すぐに相談するのもいいでしょう。

公園施設の建設を進める自治体

開発を進めて、商業施設などを増やしていく方針を採用している場合でも、自然を残せる取り組みは重要になっています。自然が失われて、触れる機会が減ってしまうのは、生活する人にも大変な思いをさせてしまいます。そこで触れる機械を増やすために、公園施設を残しておきます。

整備して遊べる場所を多くしていることで、ゆっくりできるところを増やしているのです。中には商業施設の間に入れている場合もあり、とても利用しやすいように作られています。誰でも使えるようにしていることが大きなポイントで、少しでも自然と触れ合える場所にしています。

公園施設の安全性などについて

公園施設の安全性などについては大きく進化していて、昔に比べて高まっている傾向にあります。昔はあった遊具も安全性からなくなってしまったものもあります。また、その安全性を維持していくために様々な実験がおこなわれたり、公園での点検などが定期的におこなわれています。

公園施設については、さまざまな人の利用がありますので、そのような点も配慮して設備を作られています。いずれにしても公園の安全性や美観を守っていくために、多くの人が動いていることを忘れないようにし、感謝の気持ちを込めて利用していくことをおすすめします。

安心して遊ばせられる公園施設を利用しよう

小さな子供を遊ばせる場所として、公園を頭に浮かべる人は多いでしょう。安心して遊ばせてあげるためにも、公園施設について良く知っておくことも必要です。

大きい子供がボール遊びをできるという事であれば、きちんとフェンスなどでしきられているか。小さい子供に当たらないようになっているかも確認しましょう。また、トイレがすぐに使える状況になっているかどうか。不衛生のまま放置されていないかも見ておきましょう。

そして、遊具の不具合や、ベンチなども釘が出ていたり、危なくない状態で維持されていかという事もチェックし、利用しやすい公園を探してあげましょう。

公園施設の遊具に関する記事