Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
コンテンツ

TOEICテスト

日本で受けるTOEICは、公開テストを受験すると、試験結果についての通知が送られてきます。

TOEICの試験結果は、Official Score Certificateとも呼ばれる公式認定証として、その回の受験者数や平均スコアなどのデータとともに、受験者本人に宛てて親展封筒で送られます。

この公式認定証の発送予定日は、試験日のおよそ1ヵ月後となっています。

しかし、TOEICの試験をインターネットで申し込んだ場合には、申込の際にインターネット表示を「利用する」にチェックを入れておくと、公式認定証発送日の約1週間前に、インターネットで自分のスコアを確認することができます。

TOEICの得点

海外留学や滞在経験があればTOEICで高得点をとれるかもしれません。

ですが、普段から英語に触れる事があまりない人にとって、それなりに時間をかけてコツコツと勉強していかないとTOEICで高得点をとることは難しいでしょう。

最近は海外進出している企業や外資系の企業と取引をしている企業が多いため、就職時にTOEICの得点を重要視される場合があります。

TOEICで高得点をとって就職活動に活かしましょう。

積極的にチャレンジするTOEIC勉強法

英語の資格を取る際には、自分にふさわしいレベルの試験を選択して受験する事が多いと思いますが、TOEICは違います。すべての人が同じ試験を受験します。一つでも正解が多ければそれがスコアに反映されます。

TOEIC勉強法では自分が目指すスコアを明確にして勉強に取り組みたいですね。

私自信がおすすめするTOEIC勉強法ですが、自分のレベルに近い参考書を使って勉強している人もいる様ですが、少し背伸びをしてちょっと難しいと感じる様な高いレベルの参考書をセレクトして勉強してみてはどうでしょうか。

高いレベルの内容であっても単語などであれば、知識として知っているだけで回答できる事もあります。

積極的に難しい問題にチャレンジしてはどうでしょうか。

TOEICを受ける利点に関して

英語の実力を試せる資格試験というのはたくさんあります。
それでも、TOEICの試験というのは人気があります。その一つとして考えられるのは、いろんな所でTOEICのスコアというのが目安になっているという事が考えられます。

大学や短大、または専門学校に入学する時に、このTOEIC試験のスコアで評価される事もあります。また就職においても同様に、受験者が少ない資格であれば、比較しにくいという事も考えられます。

受験者数が多い試験を受けておけば、周囲の人に能力を説明しやすくなるでしょう。

今では、TOEICの試験というのは国内において非常に知名度が高い英語の試験の一つとなっています。英語を勉強中なら、ぜひ受験してみてはどうでしょうか。

通信教育でTOEICの対策

学校に通っている時間がない人や、通学するのは続きそうにないという人は通信教育を利用してTOEICの対策をするという手段もあります。

通信教育であれば自宅に教材を送ってもらったり、もしくはオンラインで授業を受ける事ができたりするので、時間を選ばないのがいいですね。

しかし、中には家でいつでも好きな時に勉強できるという事が、逆に勉強をつい後回しにしてしまうということになりやすいとも考えられます。

学生の時を思い出して、自分はどんな方法が一番習得しやすいのかと勉強方法を考えて工夫しながら勉強するといいでしょう。自分に向いた方法で勉強したいですね。

TOEICの試験対策はそれなり時間や労力を費やさないといけない事もあります。

ボランティア活動で英会話

お住まいの地域が観光地であったり、観光名所が多く、外国人観光客がよく訪れる場所ならば、英会話を活かしたボランティア活動ができます。

英会話を習得していても外国人と話す機会がない、仕事で英会話を使うことがないなど、なかなか英語を活かせる場がないことが多いものです。

観光地であれば、外国人観光客のための観光ガイドのボランティアとして、得意の英会話を活かすことができます。

ただし、観光地に関する知識を入れなければいけないことや、日本語での説明を英語に翻訳して、よりわかりやすい内容を考えなければいけませんが、とてもやりがいのある活動ができます。

TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集に関するの記事