Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
コンテンツ

シーソーなどの遊具と公園施設

公園施設内の遊具の一つに、ぶら下がりシーソーというものがあります。一昔前までは、多くの小学校や公園で見かけましたが、最近では設置してある場所が限られています。

通常のシーソーの、ぶら下がり版になっているもので。対面した相手と、足で蹴り上げ、より高くジャンプをするのが楽しみ方の一つです。

また、種類によっては、回転軸を中心に360度回転するものもあり、回転とジャンプの両方を楽しむ事ができます。前向きや後ろ向きなど、好きな方向を向いて、少しのスリル感を味わう事ができます。

公園施設には、子供心をくすぐる遊具が沢山あります。

公園施設としての緑地の役割

緑地とはもともと英語のオープンスペースの訳語として作られた言葉で、必ずしも緑で覆われている必要のない空地を指していましたが、現在では植物で覆われた土地を指すことが多くなっています。

緑地の重要性は、関東大震災の時に緑化されていなかった空き地で火災により多数の犠牲者が出たことから認識されるようになりました。公園施設内の植物には、ヒートアイランドの緩和、気温の調節、騒音・振動の吸収、防風、大気汚染の防止、大規模地震火災時の避難地と延焼防止、爆発の緩衝、洪水の調節、災害危険地の保護、心理的なリラックス効果、都市景観の向上、地域への愛着意識の養成、地価上昇など経済効果、観光資源への付加価値、など様々な効果があります。

多くの場所で公園施設に緑を増やす都市計画が進められています。

花火が使えない公園施設

人によっては公園施設で花火を公園施設楽しみたいという人もいる様です。しかし、公園施設においては花火の利用を禁止している事が多い様です。

公園施設で花火を利用すると、音が大きい事もあり、時には近隣の住人に迷惑が掛かる事もあります。

また、公園施設内であっても火が始末できていないと非常に危険です。花火の利用が禁止されている背景について考えてみると、これらの理由もあるでしょう。なかなか花火を自由に楽しめる場所というのは少ない事もありますが、自分達だけでなく、周囲の人の事を考えるとルールはしっかりと守る様にしましょう。訪れる前に、利用のルールについて確かめておくのが好ましいでしょう。

公園施設における安全確保

ブランコやシーソー、滑り台など、多くの方に知られている遊具が設置されている公園施設は年々、減少している傾向が見受けられます。

子どもが自由に遊ぶことのできる遊具には、予測される事故の発生による危険性が回避されていなければならないため、施設の管理者や遊具の製造会社によって様々な対策が必要とされています。

国による安全のための基準設定も行われており、子どもたちが安心して遊ぶことのできる環境づくりが求められています。転落事故をはじめとする思いがけないトラブルは、子ども達の今後の人生を左右してしまうこともあります。

誰でも利用可能な公園に設置された公園施設

公園施設は、基本的に誰でも利用できる憩いの場であり遊びの場所である、公園に設置された施設です。子供が遊ぶための施設としてはさまざまな遊具があります。多くみられるのは、ジャングルジムや滑り台、ブランコ、シーソーなどがあります。また誰でも利用できる、公衆トイレや水飲み場、ベンチ、噴水、花壇などもあります。

規模の大きな公園施設には、植物などを展示する温室や動物を展示する施設などもみられます。また展示物として、屋外に置くオブジェなどのアートなどが設置されていたり、利用者をリラックスさせ、癒してくれるのです。

公園施設の役割と意味に関する説明

公園施設は公園内に設置されている設備類のことで、利用者が快適に公園を利用できるようにするために設置されています。

これらの設備の種類には主に遊具関係の物とその他の物があり、設置や整備は市町村や国が行なっているので無料で使用することができます。

場所や公園の規模により設備の種類は異なりますが、一般的には遊具関係の物は滑り台やブランコがあり、その他の物はトイレや駐車場、ベンチや水飲み場などが整備されていることが多いです。公園内の設備は多くの人が共用利用する公共物なので、利用の際には大切に扱う必要があります。

公園施設の遊具に関する記事

学校行事でおこなうオリジナルTシャツ作成や英会話スクールの英語講師募集、英語翻訳サービスをおこなう翻訳会社、公園施設の遊具についてなど様々なコンテンツをご用意しております。