Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
コンテンツ

ホーム 公園施設 公園施設や遊具は変化

公園施設や遊具項目一覧

  1. 公園施設や遊具は変化
  2. 幼児向けと児童向けの公園施設
  3. 汽車の乗り物の遊具
  4. 公園施設という場所について
  5. 公園施設の中にもスプリング
  6. 公園施設には鳥などの動物が生息
  7. 遊具とベンチについて
  8. 喫煙エリアが決められている公園施設
  9. 公園施設に見られる遊具の注意点
  10. 公園施設の街区公園の役割
  11. 子どもが喜ぶ公園施設の遊具について

公園施設や遊具は変化

昔の様に広い空き地の様な公園施設があって、その中の一部に遊具が設置されている場所というのは最近ではあまり見かけなくなった気がします。

また、時間帯にもよるのかもしれませんが、ある公園施設の遊具で遊ぶ子供たちは少なくなっている様に思う事もあります。

公園施設や遊具というのは、ここ数十年の間にかなり変化したみたいですね。子供の遊びは昔とは違って、自宅にいてゲーム端末で遊ぶ事が増えた様ですね。遊びに出掛けると言っても、友達の家でゲームをしたりする事も多いのではないでしょうか。

しかし、長時間ゲームばかりしていると視力の低下などの問題も考えられますので、機会を見つけて外出したいですね。

遊具の株式会社タイキ

幼児向けと児童向けの公園施設

大きく分けると公園施設には、幼児向けと児童向けの物があるみたいですね。小学生の児童がたくさん遊んでいる中で、更に幼い幼児が紛れて遊んでいると、時には危険とある場合もあります。

幼児向けは親と一緒に遊べる様な公園施設も多く、一人や二人だけで遊べる物も少なくありません。

例えば、ブランコなどがその一例でしょう。更に、児童向けの物はジャングルジムなどたくさんの人が同時に遊べる物もあります。

大きな公園であれば、両方の設備が用意されている事もあるかもしれませんが、小さい公園であれば、ブランコだけしかない場合や、滑り台だけしかない場合もあります。公園によってある設備は違います。

汽車の乗り物の遊具

公園施設に汽車の乗り物があれば、小さい子供が安心して楽しめる遊具として人気があります。汽車に乗ると公園施設内を移動して回るので、公園内の様子を見渡せるなどのメリットがあります。

この遊具には移動手段として利用できる場合もあり、楽しみながら歩く手間を省くなどのメリットがあります。小さい子供も親と同伴であれば乗れるので、安心して乗り楽しめます。すれ違う歩行者に手を振ったり、自然を観察したり、同乗者と話をしたり、さまざまな楽しみ方ができる遊具です。

大きな乗り物に乗れることは、子供はとてもテンションが上がって喜んでくれるのではないでしょうか。

公園施設という場所について

公園施設と言えば、小さい頃に夢中になって遊んだことを思い出すかもしれません。最近ではゲームなどの家遊びが多いのか、公園を駆け回る子供たちの姿をあまり見かけなくなりました。しかし、公園は地域の中での大切な役割を担っている場所でもあります。

遊びの場、災害時の避難場所などに加え、公園施設は老若男女関わらず、地域の人の憩いの場にもなっているのです。

そうした中で、子供たちは社会のコミュニティに旅立つ前の準備期間をここで勉強するのだと思います。人と関わらないと得られない計りしれないものが、公園施設にはあるのだと思えてなりません。

公園施設の中にもスプリング

スプリングとはバネの事を言い、公園施設の中にもスプリングを使用した物もあります。

かわいい動物などの形をした乗り物の下にこのスプリングが設置されている乗り物があり、子供が乗って揺らす事ができます。前後に揺れる物が多い様です。

かなり年齢が低い子供が遊ぶのに向いています。
自分の力で登ったりする必要がないので、このタイプの公園施設は力が弱い幼い子供でも大丈夫です。

また、親が横で付き添いながら遊ぶ事もできますね。しっかりと座っていれば安全に遊ぶ事ができます。大きな場所も必要なく、また一人で遊ぶ事もできます。

そして、大きくなった子供と一緒に遊ぶ事がないので、安心して遊べますね。

公園施設には鳥などの動物が生息

公園施設には鳥などの動物が生息する事もあります。雲の様子なども季節によって少し違っていたりする事もあります。ずっと同じ生活を送っていると、季節を感じる機会というのは多くないかもしれませんが、公園施設に出かけると、季節特有の美しさを満喫できるでしょう。

ぼうっと公園施設を歩くのもいいですが、細かい部分について観察してみると新たな発見があるかもしれませんね。ぜひ、もっと四季を満喫したいですね。

遊具とベンチについて

公園に欠かせないものといえば、遊具とベンチです。これらは、子供が遊ぶもの、そして休憩の際に座るものというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、現在は健康のために有効なものも増えてきています。

遊び感覚で、大人が手軽に体を鍛える事ができるようになっているものを設置する事で、子供だけでなく多くの大人も集まる公園も増え注目を集めています。これまで座るだけだったベンチも、鞍馬や腹筋ができる等、健康な体作りに有効な要素が加えられる事も増えてきています。ですから、遊具等は子供が楽しむだけでなく、幅広い年代が楽しめるようになってきています。

喫煙エリアが決められている公園施設

大人が公園施設を利用する際にはタバコを吸いたい事もあるでしょう。公園施設によっては喫煙エリアが決められている事もあります。

公園施設は子供も利用しますし、安全に関わる事ですのでしっかりと守る必要があります。喫煙エリアが決められている公園施設では、それ以外のスペースにおける喫煙は認められていません。また、タバコの吸い殻の処理は自分でしっかりと行いましょう。

公園施設によって、喫煙のルールは異なる場合がありますので、それぞれ自分で確認しましょう。喫煙エリアであったとしても、周囲に人がいる場合にはよく注意する必要があります。歩きたばこをすると非常に危険ですので、やめる様にしましょう。

公園施設に見られる遊具の注意点

公園施設には多様な遊具が設置されており、子どもたちが思うままに遊ぶことも可能です。

しかし一方では、遊具を設置しないという施設も増えており、遊具に対しての是非が問われるケースも見受けられることが多くなりました。予想不可能な事故が起こってしまう場合などにおいて、細やかな基準が設定されており、周囲の環境や保護者、管理者などによる対応が強く求められます。

思わぬ場所での足の踏み外しや、高い所からの転落など、些細なでき事が子どもたちの人生を変えてしまう大きな事故へと発展してしまう可能性もあり、危険性を回避した遊具の設置が必要です。

公園施設の街区公園の役割

公園施設には、さまざまな種類や役割があります。その中で街区公園(住区基幹公園)には、遊具が設置されています。主として街区内に居住する物の目的とする公園です。一か所あたり面積0.25ヘクタールを基準として、街区内に居住する者が利用できるように配置します。

元々児童公園と称されていたものを、都市公園法施行令の改正によって、街区公園と変更したものです。児童のみならず、高齢者を始めとする街区内の居住者の利用を視野に入れて、コミュニティ形成の役割も期待されています。

児童の遊戯や運動などの利用、憩いの場として利用できるように、最も身近な公園としての機能を発揮できるようにしています。

子どもが喜ぶ公園施設の遊具について

公園施設にあると、乳幼児が喜ぶ遊具といえば滑り台です。まだ歩けない乳児や、歩けるようになったばかりの幼児は、保護者が補助しながら低めの滑り台で遊ぶのが良いです。動物の形をしたものや、カラフルで目に鮮やかなものは小さな乳幼児の関心をひきやすいです。

幼稚園に行くくらいの年齢になると、自分で滑り台に登り、しっかり遊べるようになる子が多いです。筒状の滑り台や、傾斜が急な滑り台、途中に段差のある滑り台など、少しスリルのあるものも楽しめるようになります。ただし、このような滑り台は油断すると大怪我に繋がるので、危ない滑り方をしている場合は、しっかり注意することが必要です。

公園施設の遊具に関する記事

メニュー

HOME オリジナルTシャツ Tシャツ作成 TOEICテスト 英語講師募集 英語翻訳サービス 翻訳会社 公園施設

学校行事でおこなうオリジナルTシャツ作成や英会話スクールの英語講師募集、英語翻訳サービスをおこなう翻訳会社、公園施設の遊具についてなど様々なコンテンツをご用意しております。