Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
コンテンツ

公園施設の遊具で怪我をしないために

公園の遊具は子どもたちにとって楽しいものですが、ちょっとした不注意から大怪我をすることもあります。

怪我をせずに楽しく公園の遊具で遊ぶには、どのようなことに気をつけなければいけないでしょうか。まず気をつけなければいけないのは服装です。

ひもつきの服や手袋は脱ぎ、靴ひもはしっかりと結び遊びやすい服装で遊びましょう。雨上がりの日の濡れた遊具は、滑りやすいので気をつけなければいけません。

また、夏の暑い日に遊ぶときは日射病や熱射病に注意しましょう。体調が悪い時は遊ぶのをやめ、休ませることが重要です。

保護者や周りの大人も、子どもたちを見守り注意することが大切です。

公園施設は地域に欠かせないスポット

公園施設では、色々な遊びが出来ます。子供たちを安心安全に遊ばせられるスポットであり、鬼ごっこやかくれんぼ、鉄砲ごっこやおままごと、そしてボール遊びなどが楽しめます。

最近は自治体の側も、一部市民からのクレームや予算削減によって、公園施設の縮小を始めています。しかしながら、地域には必須なスポットです。それがあるおかげで、子供たちと保護者は助かっています。

また高齢者の社交場、ママ友同士のコミュニケーションのスポットとしても活用されています。子供たちは公園施設という、小さな社会の縮図に触れる事で社交性を学びます。

イベントが行われる公園施設

時には公園施設で何らかのイベントが行われている事もあります。このイベントの時期に合わせて公園施設を訪れる事によって、多いに楽しむ事ができるでしょう。公園施設で開催されているイベントの多くは、地元の人が気軽に参加できるものが多いでしょう。

公園施設ではスポーツに関連するイベントは多いですが、演奏会などが行われたりする事もある様です。また、公園施設ではスポーツを習得したい人のための教室などが行われている事もあります。中には1日だけしか開催されていないイベントもある様ですので、そのタイミングを逃さない様にしましょう。そして家族みんなが参加できるイベントを見つけて参加しませんか。

公園施設の安全性を高める取り組み

一般社団法人日本公園施設業協会JPFAでは、公園施設の安全性、耐久性を考慮した製品の開発のために必要となる技術の開発、研究をはじめ、国際交流、普及啓発などが行われています。

遊具の日常点検講習会では、自治体の担当者、教育関係者、公園管理者などに向けた点検の技術の向上を目指す講習、実習が実施され、安全意識の醸成や、人材育成が行われています。

また、教師、保護者などに向けた安全啓発のために製作、配布されるパンフレットでは、幼児編、児童編と、年代別の特性に合わせた安全指導の指針が示され、遊具による事故の軽減を目指しています。

公園施設の点検管理には資格が必要

ブランコやすべり台など遊具のある公園施設は、専門の知識をもった技術者でなければ点検ができません。

遊具と言っても屋外に設置されているため、雨風を受けて老朽化もします。古くなってボルトが緩んだまま遊んでしまうと、死亡してしまうことや後遺症が残る怪我を負ってしまします。こういった危険を未然に防ぐためにも、公園施設管理専門の技術者がいます。

この資格を取得するには、講習会を受けてから試験を受験します。また、国家資格でもあり、合格者に資格証が渡されます。しっかりとした管理は、技術を持つ専門家へ任せましょう。

公園施設のお得な利用方法について

公園施設の利用方法について皆さまはどのようなことを思い浮かべるでしょうか。子どもたちの遊び場、ピクニック、散歩など日常生活に欠かせないスポットとなっていますが、それだけの活用方法以外にもお得な利用方法があります。

まず1つ目は、地域でのレクリエーションやボランティア活動など、地域住民の交流の場として利用できます。このことで地域に活気が生まれ、地域全体の住まいやすさの向上に貢献します。

2つ目は、防災公園としての利用です。こちらは意外に思われる方も多いかもしれませんが、公園はいざとなった時の避難所としての役割を果たします。このように、公園は様々な昨日を持ち、地域に貢献しているのです。

公園施設の遊具に関する記事