Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社
公園施設にある遊具
コンテンツ

翻訳会社の英語翻訳サービス

文法や単語さえわかっていればできるというイメージのある翻訳ですが、実際には、ただ単に直訳だけすれば良いというものではありません。

分かりやすい例で言うと、"It is no use crying over spilt milk."を、「こぼれたミルクを嘆いても仕方ない」と翻訳しては意味が伝わりません。

これは、日本語で言うところの「覆水盆に返らず」。慣用表現です。このような特定の言い回しの他にも、日本語にありがちな主語抜きの文章などは、直訳しても意味が通る文章にはなりません。

あいまい表現などについても同様です。文法的な決まり以上に、その文によって話者が意図している意味を理解することが、翻訳には不可欠です。

翻訳や通訳関連の資格について

仕事で必須となる翻訳・通訳関連の資格は、通訳案内士(観光客に対して外国語通訳により観光案内を行なう)しか存在しません。

絶対必須資格は通訳案内士ひとつですが、多くの企業では、目安としてTOEIC800点以上を応募条件として記しています。

それはTOEIC800点以上であれば、業務上も大きな支障はないという理由からきています。また企業によっては、TOEIC900点以上を条件にしているところもあります。

一定の経験も資格である、という考えに基づくならば、3年以上など、経験を重視する翻訳・通訳関連の企業も多く見受けられます。

更に、IT時代等を反映してPC操作に長けていることが求められます(ワード、エクセル、パワーポイント、FrameMaker、Illustrator、ローカライズツールなど)。

ネイティブがチェックする翻訳会社

日本には翻訳会社はたくさんありますが、会社によって翻訳レベルはさまざまです。英語などの外国語が得意な日本人も多いですが、ネイティブレベルではないとどうしても表現の間違いやニュアンスが異なることがあります。その他に文法やスペルミスなどもあります。

学会や会社の発表会など大事なものはやはり、翻訳語を母語とするネイティブがチェックした方が安心でしょう。誰が見ても違和感のない外国語翻訳を目指すのであれば、実績のある翻訳会社に見積もりを取って、まずはトライアルとしてその翻訳会社のレベルを調べてみるのもお勧めです。

海外就職で強い味方の英語翻訳

海外で仕事を探す日本人が年々増加の傾向にある中で、日本語に加え英語の職務経歴書が必要な場合が多いようです。

特に海外に進出している工場のアドバイザーといった専門職などのひとにとって、気軽に職務経歴書の英語翻訳サービスを利用できるのはうれしいものです。

日本国内にある翻訳会社では添付資料の送信後、ワードにて納品してもらえることもできますので、そのまま職務経歴書の英語版を提出することができます。面接では前職などの職務経験を簡単に英語で説明するシーンもありますので、手元にある内容を繰り返し読むことで最適な予行練習にもなります。

業務を発注する英語翻訳会社の選び方

グルーバル化が進む現代社会において、海外の企業との取引で英語翻訳が必要になる機会が増えています。もちろん自社に語学堪能な社員が在籍していれば問題はないのですが、そうではない場合は社外の翻訳会社に発注することになるでしょう。

翻訳を行う事業者を選定する場合、専門分野が発注をしようとする文書と合っているか確認しておく必要があります。法務や建設、医療、エネルギー関連など、業界によって使う言い回しや使用する専門用語が変わってきますので、その業界に強みを持つ翻訳者を多く抱えている会社に発注をお願いするようにしましょう。

翻訳会社を利用して賢く様々な会社とやり取りをしよう

ビジネスにおいて海外とのやり取りも頻繁になってきている現代社会では、翻訳サービスの需要が高まってきています。英語ならば自在に操れる人材を確保している会社も多いですが、英語以外の言語となると、まだまだ日本企業における人材の充実には至っていない現状があるからです。

そんな企業に対しておすすめなのが、翻訳会社の利用です。必要な言語を備えている人材を新たに雇うよりもずっと安く翻訳サービスを利用できますから、コストの削減も叶います。またすぐさまある言語を理解する必要があるという時にも非常に便利なサービスなのです。

翻訳会社などの英語翻訳に関する記事